帰化「18歳以上」に引き下げへ

国籍法第5条 帰化の能力条件が「18歳以上」に変更されます

令和4年(2022年)4月1日から国籍法第5条第1項第2号の帰化の能力条件が、「20歳以上」から「18歳以上」に変更されました。

在日の家族関係登録簿整理(戸籍整理)

<ケース>Aさん(30代男性)
韓国のパスポートを取得したい
本人および両親、兄弟は朝鮮籍(特別永住者証および住民票の国籍地域欄の記載「朝鮮」)
韓国に在外国民登録なし
祖父母の戸籍(除籍)の状況については不詳
故郷は慶尚南道○○○○と聞いている

兄弟姉妹の家族関係証明書が直接請求できなくなった件

従来、韓国の家族関係等の登録事項別証明書を請求することができるのは、「本人または配偶者、直系血族、兄弟姉妹」とされていました。これを受け、私達行政書士も、上記請求権者からの委任に基づいてさまざまな証明書の交付を受けていたものです。

ところが、このたびこの規定が変更になりました。