<所在図>
使用の本拠と保管場所の位置関係を示します。図面上で両者を結び、直線距離を示します。この距離は2km以内でなければなりません。
使用の本拠と保管場所が同じ場合は、たんに付近図上に自宅位置を示すだけでも大丈夫です。
「別紙のとおり」として住宅地図のコピーを添付しても構いません。

<配置図>
保管場所に接する道路の幅員と、保管場所の寸法をメートルで記載します。複数台が停められる駐車場の場合は、駐車場全体と保管場所の位置関係がわかる程度に作図します。駐車番号等があるならこれを明示します。
代替車両がある場合は、余白に代替車両の登録番号、車台番号を、ない場合は代替車両なしなどと記載します。

関連記事一覧