韓国の証明書を日本の官公署向けに翻訳いたします

お見積り

翻訳の対象は、韓国総領事館発給の家族関係登録簿または除籍謄本に限ります。

種類 単価
(A4サイズ1ページあたり)
基本料金 実費
家族関係登録簿
-基本
-婚姻
-家族
-入養
-親養子
990円 22,000円 返送料
370円
その他
除籍謄本 ページ全訳
3,080円
略式翻訳
1,650円

※料金はすべて税込みです。上記以外に実費が発生した場合は、合わせて実額を申し受けます。
(略式翻訳)使用目的に応じて必要最低限の訳出範囲を当方にて判断します。

納期

おおむね3週間から6週間
ただし、分量や繁閑により変わる場合もあります。

お申し込み方法

1.見積もり計算

上記料金表をもとに料金を計算してください。

2.お問い合わせ

電話(0774-24-4768)またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
種類の各別、ページ数、使用目的、翻訳文の必要部数等をお知らせください。

お問い合わせフォームはこちら

3.書類発送

翻訳したい家族関係登録簿や除籍謄本を郵送してください。必要事項を記入した翻訳申込書を添付してください。FAXやメールでの送信はご遠慮ください。

翻訳申込書(PDF:80KB)

【郵送先】〒611-0042 京都府宇治市小倉町堀池7-1 行政書士事務所ロスタイム行

4.見積もり回答

お預かりした書類を点検し、翻訳に差し支えなければ、改めて見積もりと納期を回答いたします。

5.翻訳

ここまでの条件にご同意いただければ、翻訳に着手いたします。ご同意いただけなければ、書類を返却いたします。

6.お支払い

すべての事務が終了しましたら、ご請求額とともに銀行振込口座をお知らせします。速やかに費用をお振込みください。

7.納品

入金が確認でき次第、お預りした原本と翻訳文をご指定場所に郵送します。

使用目的について

帰化申請または相続の手続きのため、金融機関や法務局、陸運局等に提出する用途にのみ対応しています。それ以外の使用目的がある場合は、あらかじめご相談ください。

全国対応

全国どちらの地域からのご依頼でも対応いたします。

お読みください

【使用目的】記念や保存、観賞用としての翻訳には対応していません。あくまで、帰化申請や相続といった後続の手続きに供することを目的とするものに限定しています。従って、使用目的については詳しい事情をご説明願います。また、後続の手続きに必要と思われない過剰なご要望(例えば、文書の見映えや瑣末な部分へのこだわり等)は、ご容赦いただく場合があります。

【文責】翻訳文は印刷、製本の上、翻訳日、翻訳者名を記載し、行政書士職印を押印して納品いたします。文責を負う関係上、編集可能なデータでの納品はいたしておりません。

【略式翻訳】古い除籍謄本には広範な親族関係が収められたものがあり、一通に30人以上の記載があることも珍しくありません。帰化申請や相続という使用目的に照らせば不必要な情報も含まれており、提出先の意向次第で省略しても差し支えない場合には、必要最低限の訳出にとどめることがあります。ただし、その判断にはある程度の知識と経験が必要です。略式翻訳にご同意いただける場合は、全訳より割安になっています。

【日本語の除籍】除籍謄本は日本語で編成(※)されていた時代があります。この場合は、原本の写しに、ハングル部分にのみ朱書きで日本語訳を追記したものを翻訳文としています。
※除籍が縦書きになっています。

【固有名詞】人名や地名などの固有名詞は翻訳の対象ではなく、対応する漢字を特定し置き換える作業になります。もとより常用外の漢字が使われていたり、対応する漢字がないなどパソコンでの入力が困難な場合は、常用漢字に置き換えたり、近い発音をカナ表記することとします。また、古い地名などで、漢字表記の特定に至らなかった場合は、その旨補記することで全部表記に換えることとします。

【お断りする場合】様々な事情で翻訳が困難な場合、やむを得ずお断りすることがあります。例えば、書類の量が多い(束ねたときの厚みが約1センチを超える)、繰り返しコピーするなど印刷の品質が悪く文字が判読できない、納期が短い、などです。

お問い合わせフォームはこちら

関連記事一覧